FC2ブログ

学童ルーム くれよんクラブのみんなの底チカラ

チャリティコンサートのプログラムには

くれよんの学童ルームの子どもたちが合唱する

「ビリーブ」がありました。


もともと、はじめの企画の段階では

こっこ隊の皆さんの演奏だけ聞ければいいか~

と、のんきに始めたのですが、

「ぜひ、学童の子どもたちを舞台に上げて歌いたい!!」

という担当スタッフの強い希望があって、

「え~~~、ちゃんと歌えるの~~」と

激しくウタガイのまなざしを向けてしまいました。


代表の冷たい視線を物ともせず、

5月に入ると子どもたちと練習を始めた学童さん。

それでも最初の頃は練習に身が入らず、

ふざける子や真面目にやらない子どももいました。

また、全員が参加するわけでもないので、

出る子と出ない子でやる気がばらばらで、

中には、そもそも「舞台になんかあがりたくない・・」という子も。


たしかに、小学生も2年、3年から高学年になっていくと

自意識も高まってくるので、目立つ事はしたくないと言う気持ちも

芽生えてくるものです。

(メンバーがアンパンマンマーチを踊る事になったとき、

「え~、いやだ~、あたしは踊らないわよ!」と

 抵抗したものもいました。確かに。)


「ひとりひとりの個性を大切にする」というのが

くれよんのモットーですから、無用な無理強いはしたくありませんが、

舞台に上がって、たくさんの人も前で歌うと言う機会も

そうそうあるものではないですから、

参加しないことを決め付けてしまうのも残念な気がします。



そんなこともありつつ、

本番も近づいてきた6月には

「学童ルームで練習していても、気分が出ないから

だらけた練習にしかならない。

場所を変えて、しゃきっとした練習をした方がいいよ」

ということで、いつもお世話になっている

愛名老人憩いの家に出かけ、

そこのひろびろとした集会室で全体練習をしました。


学童練習1






これが大成功!

やっぱり、場所の雰囲気と言うか、いつもと違う雰囲気って大事。

ここで締まった合唱ができたことで、

本番へのやる気と自信が芽生えました。




そして本番。

ご存知のように、子どもたちは見事な歌声を披露して

観客やスタッフたちを感動の涙にくれさせてくれました


学童合唱1


学童合唱2


リハーサルもままならない中、

すごい「本番力」を発揮してくれた子どもたち。


ビリーブ


観客



もちろんその影には

子ども達の声量を消さないように

演奏のボリュームを加減してくれたこっこ隊の皆さんの

ご協力がありました。



「また来年もできたらいいのにね~」

ん~~~、そうなんですけど・・・・


舞台に上がって、注目を浴びながら歌を歌う

快感に目覚めてしまった

くれよん一同なのであった・・・


(「踊らない!」と言っていたスタッフも、

最終的にはちゃんと踊りました・・・

文句はいってなかったから、楽しかったんだと思います)

チャリティコンサートの募金を寄付しました

夏休みが始まりました!

学童保育室は夏休み利用の子どもが増えて、

毎日22~24人くらい過ごしています。

もう、てんやわんや!!


幼児保育室も新しく入園した赤ちゃんなどが増えて

こちらもてんやわんやです



さて、そんな毎日を過ごしているので、

親子コンサートの事はもうはるか昔の事のようですが、

コンサートの募金をやっと寄付してまいりましたので、

ご報告したいと思います。


先日報告しましたとおり、

皆さまからの募金は 97,790円 でした。

ここに、くれよんのメンバーが2月から積み立てていた

義援金64,540円 を足した 162,320円を

「福島の子どもたちとともに・湘南の会」

寄付をしました。

この会はコンサート当日のチラシや

このブログでも紹介しましたが、

放射線が心配で外遊びができない福島の子どもたちを招待して、

思いっきり戸外で遊んでもらう活動をするために

今年6月に藤沢で発足した市民団体です。

今年だけでなく、来年以降も継続した活動を続けたいと言う事なので、

これからも応援していきたいと思っています。


本来ならば、今週遊びに来ていると言う南相馬市の子ども達に

直接支援を届けたいと思ったのですが、

(今年は横浜市青葉区の「こどもの国」と江の島に来ているそうです)

はじめに書いたとおり、夏休みはくれよんも書き入れ時なので、

残念ながら現地に行く事は出来ませんでした。

でも、機会があればぜひ1度遊びに行ってみたいと思います。


  いよいよ本日開始

  いよいよ本日、福島から10家族32人が、神奈川県においでになり、
  まずは横浜市のこどもの国に、13時半到着予定です。
  総勢23人のボランティアが受け入れます。

  寄付金は17日時点で、89万1241円に達しています。
  そのほか、数々のご協力もあり、ここまでこぎつけました。
  皆様に感謝いたしします。

      (「福島の子どもたちとともに・湘南の会」ブログより)



興味のある方は、ボランティアも募集しているようなので、

ホームページで確認して、参加されてみてはいかがでしょうか。


寄付金のご報告など~コンサート後記

コンサート終了からはや1週間たちました。

来てくださった利用者のお母さんたちや、関係団体のお仲間たち、

それからこっこ隊やバルーンアートのかたにも、

「とてもよかったよ!」「楽しかった!」と

感想をいただきました。

会場でも、音楽に合わせてリズムをとったり

一緒に歌ったり、手拍子したり、

思い思いにコンサートをみなさんが楽しんでくださっているのを

ほんとうにうれしく見ていました。


もちろん、主催した私たちも心の底から楽しみましたよ!

なんだか病み付きになりそうでコワいです


さて、コンサートの日に告知すればよかったんですが、

厚木伊勢原ケーブルネットの「あゆちゃんねる」というケーブルテレビで

今週7月2日から8日まで

「こちらわくわく情報局」


今回のコンサートのことが紹介される予定です

(あっ、もう放送されている!)

1日4回くらい放送があるので、視聴できる方はごらんになってみてくださ~い!



そして、今回のチャリティコンサートということで、

東日本大震災復興を支援するために寄付を募りました。

コンサートの中でもアピールさせていただきましたが、

放射能汚染により外遊びが思い切りできない福島の子どもたちを

神奈川に招待して、外遊びを楽しんでもらう活動を始めた

「福島の子どもたちとともに・湘南の会」に寄付をします。

)復興支援記事(リサイズ

今回の寄付金総額は

97,790円!!

すごい!!

みなさん、ご協力どうもありがとうございました!


くれよんちゃんもがんばりましたね!

2くれよんちゃん


こちらには近日中に振り込みをしてきたいと思います。

(できれば、直接交流に行きたいところなのですが

夏休みになるので、保育の業務が繁忙期になるんですね~・・)

こちらは機会があればまた報告していきたいと思います。



コンサート終了 

こっこ隊のみなさん、素晴らしい演奏をありがとう

バルーンアートでエントランスを飾ってくれたYさん、Aさんありがとう

私たちのつたない進行を裏で支えてくださった、舞台担当さんありがとう

メンバーだけでは手が足りない仕事を助けてくれた賛助会員のみなさま、ありがとう

そして、文化会館小ホールをほぼ満員に埋めてくださった観客の皆様、

ほんとうにほんとうに

どうもありがとうございました。

なつかしい顔にもたくさん再開できました。

今日はじめてくれよんに出会った方、これからもよろしく

みなさんにあたたかい拍手をいただけて、

ほんとうにうれしかったです。

そして、音楽ってすばらしいなあと

あらためて思ったこの日でした。

1206240012.jpg


こっこ隊

バルーン

ビリーブ

ラスト集合

チャリティのご寄附、ありがとうございました。

ちょっと、すごい金額が集まったようです。

くわしいご報告はまたあらためて。


ほかにもまだまだありました。

ゆっくり報告していきたいと思います。




いよいよ今日!!

半年にわたって準備してきた

「くれよん親子チャリティコンサート」
ついに今日、本番の日を迎えました・・・


最後なので、もう1回

みなさん、今日の13時からですよ、

場所は厚木市文化会館小ホール

良い席はお早めに・・・




う~~~ ドキドキしてきた~~~~



でも、毎日業務の合間をぬって、

せっせと準備してきたから・・・

プログラム

きらきら

カンペ



きっと、大丈夫!

きょう、 コンサートが終わるころには

きっとにっこり笑っているはず







今日、伊勢原厚木ケーブルテレビの

AYUチャンネルさんが取材に来てくれるそうです。

来月あたまのニュースになるそうですよ・・・!

プロフィール

くれよん保育室

Author:くれよん保育室
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ようこそ くれよんへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR