FC2ブログ

ニュースで見た「アフタースクール」のこと

サッカー日本代表の本田圭佑選手が、

「ゴールはケチャップのようなもの、出ないときは出ないが、出ればドバドバ出る」

とコメントしたそうですが(すいません、いきなりな話で)

うちのブログはまさにそれかもしれません・・・。





さて、先日の夕方とある民放報道番組で、

都内にある私立小学校であるNPO団体と提携して

学童保育を超えた「アフタースクール」なるものを実施しているとのこと。

(今日のエントリはものすごい長いです。ケチャップ出すぎ。)



ちょっと聞くと、すごくすばらしい事業だなと思いましたが

(曲りなりに、同業を営む立場として)

よく聞いてみるとちょっとまてよと。


もともとアメリカ発祥の「アフタースクール」は放課後居場所がなくて

犯罪やドラッグに巻き込まれる子どもたちを守るために、

無料でさまざまなプログラムを受講できる仕組みを作ったことが始まりとか。

その日本版をめざしてNPOを立ち上げたという代表の話でしたが、

(日本の場合は犯罪やドラッグではなく、「内面的なドロップアウト」と

表現していましたが)

子どもたちが学校の勉強だけではなくて、もっと世の中のことをいろいろ知って、

自分で実際にやってみたり、社会体験することで

「生きる力」をはぐくんでいくことが目的だそうです。



ただね・・・



お金がすごくかかりますよ。(1プログラム6000円/月 その他材料費など実費)

なによりこのプログラムを受講するには、

ここの小学校に入学して学童保育を利用しなきゃいけない。

外部の受け入れもしますが、ここの小学校に通学する児童のきょうだいか、

系列幼稚園の卒園児に限り。それも面接試験あり。


つまり、だれもが利用できるわけではない。

プログラムは有名講師はじめ、専門の講師が少人数制でしっかり指導するし、

内容も簡単にまねできないようなすごい企画ですから

お値段がそれなりになるのは当然でしょうが、

受講対象のこの閉鎖性は、お手本にしたアメリカのアフタースクールの理念とは

180度反対なんじゃないのかな~・・

(それでこのNPOの代表の方は「子どもたちが成長する大事な事業をやっているのだから、

行政からも補助してほしい」とかおっしゃってましたが、

いやいや、こんなごく一部のお金持ちの子どもしか享受できないプログラムに

補助なんか出さないでしょ?どこにそんなお金があるの)




もう一つ気になったの取材を受けたお母さんの

「一歩も学校から出ないから、安心」というコメント



確かに、昨今の社会状況はさまざまな不安があります。

登下校の途中や、外部の学童保育に向かう途中に何かあったら・・と

心配する気持ちはわかります。

でも。

子どもたちの居場所が、学校の中にしかない社会って、どうなの?

学校しか安心できる場所がないの?

子どもの立場になったら・・・


もし、いじめにあっている子は、

ずうっと逃げ場がないんじゃないでしょうか。

いじめなんかない場合でも

人間関係や、勉強の成績や、子どもは子どもなりに

(学校生活がすごく楽しいと思っている子でも)

気持ちを張って学校生活を送っているのです。

それで放課後(文字通り、放課、課題から放たれるのです)

自分の家に帰り、近所の友達と遊んだりしてリラックスするのです。

よく、帰宅すると家でだらだらごろごろするわが子を見て

「こんなにだらだらして~、勉強しろ~!!」と怒る親がいますが(ワタシです)

それは学校で頑張ってきたから。

だから、ず~~~っと同じ学校内に1日居続けるというのは、

子どもの精神衛生上望ましいとはいえないと思うのです。



居場所が学校だけって、あまりにも「かごの鳥」。

それを、たいへんなありがたいこと、すばらしいこととして

コメントしていることに

ものすごく違和感を感じた次第。



もちろん、働く親にとって、子どもを安心できる場所に預けられるかは

死活問題ですから、学童保育がある、それは大事なこと。

そして、子どもたちがいきいきと活動する場が

学校の授業だけでなくて、家庭やそれに準じた場所や地域にあること。

それが地域のスポーツクラブだったり、習い事だったり

児童館や近所の公園だったりするんですよね。

学童保育がその役割を持つことは、これからはどんどん必要になると思いますが

まずは学校から帰ってきた子どもたちが

「あ~つかれた~」と言いながら、ほっとできる場所であることが大事だと思います。



学童保育では、たぶん学校でも家でも見せない表情を

子どもたちは見せていると思います。

忙しく働くお母さんのことを、子どもたちはいじらしいくらい思いやっています。

お母さんを心配させないために、おうちでも頑張る子が多い。

だから、家でも、学校でもない、

成績や人間関係に縛られない「ななめの」関係の居場所が学童保育。

(うちは小規模ですが、複数の小学校から児童が集まります)

そんな気楽な場所で(もちろん、ここも一つの社会ですからルールはありますが)

学校であったことをリセットできるのが、1番の役割かもしれない。

そして、先生や親という内側の関係じゃなく、

学校から出た地域の、外側にある学童保育の私たちスタッフや

学校以外の友達と生活することで

「生きる力」もはぐくまれているんじゃないかなと

自画自賛してみたりするわけです。

(うちの学童は「地域で子どもを育てる」ことを保育の柱にしています)



「学校の中」じゃなくて、「地域」に居場所があるのって、

けっこう大事なことだと思いますよ~

「閉鎖」じゃなくて「開かれる」ことが

本当の安心や、生きる力を生むんじゃないかな。

だって、いつまでも学校の中だけにはいられないんだから。




今日はちょっとアツく語ってしまった。

長文失礼いたしました。































 








ちょっともどって7月の保育の様子をアップしました

こちらです!
(青色の文字のところをクリックすると、ジャンプします)



途中まで記事を書いて、忘れたままになっていました

ごめんね!!

夏休みの様子①~ざりがに釣り@ぼうさいの丘公園

流しそうめんの樋を新調したと書きましたが

余った竹でそうめん用の器や箸などを作った残りで

ざりがに釣りの釣竿を作った学童の面々



その竿を携えてやってきたのは、厚木市民にはおなじみ

「ぼうさいの丘公園」の「野鳥の池」


ザリガニとり1

ざりがにとり2

ざりがにとり3

ざりがにとり4


いかにも「小学生の夏休み」って図ですよねー!



8月の保育の様子①~プール遊び、流しそうめん

残暑があまりに厳しすぎて、まだ夏休みのよーな気がしています・・・。


せっかくウォーミングアップしたのに、

本番にいかないまま2週間経過。

生協のカタログに来年のカレンダーが載っていて

目が覚めました。


というわけで、やっと8月の様子をお伝えします。


まずは恒例の流しそうめん


昨年は流してもらえず室内組だった子たちが、

1歳年長になって「流し」デビューを果たしました。

この日は市の中高生ボランティアで来てくれた中学生のお姉さんたち(3名)

その様子を取材に来てくれた市の職員さん
(いつのまにか子どもたちに取り巻かれて遊び相手になってました・・)

学童ルームのお兄ちゃんおねえちゃんたち(約20名)、

そうめん真っ最中に突然訪問、面接、翌日からご利用が決まった

Aちゃんとそのご家族・・・・

などなど、さまざまとり乱れてお客様万来でしたが、

さすがくれよんっ子、ペースを乱すことなく

流しそうめんを堪能しました。

設置中
今年は流し樋(とい)を新調しました。いつも竹を切らせてくれるのびのび園の大家さん、
危険な作業をものともせず竹伐りしてくれたYさんのご主人、
セッティングに余念がないYさん いつもありがとうございます。 
たくさんの方々の協力があって、毎年の流しそうめんが実施できています。


流しそうめん2

流しそうめん




そして、今年の夏は、とにかく

プール!プール!!プール!!!


今日、8月分の上下水道料金の請求書を届けてくださった職員さんが

「漏水の恐れがあります」と言って、調査していってくれたほど


まあ、料金は前月比95%増くらいでした・・


とはいえ、子どもたちが熱中症にならず元気に過ごすことができたのは

ひとえに思う存分水遊びできたおかげ・・・

水不足が心配されたこの夏に、

ちょっと贅沢してしまいましたが、

健康には代えられないということでご勘弁ください


プール1


スライダー


甲羅干し
















まだウォーミングアップ

えーと つづきまして・・・


メンバーのNさんが「面白いものがあるの・・・くれよんにもってきていい?」



面白い? どんどん持ってきて!カモーン!!



面白いもの・・・コレ

夕顔1

どーーーん


コレはなんでしょう??



正解は後にしまして、



どのくらい大きいのか、比較対象できるなにかを・・・




夕顔4


こんな感じでございます



「この物体の、はたして重さは何キロくらいでしょうか!?」


比較対象のモデルになったYちゃん(9ヶ月)と抱き比べながら

メンバーが推測した重さは2キロから8キロまでさまざま・・・。

「新生児なら3キロくらいよね」

「お米だと5キロ・・それよりおもいかしら??」

とまあ、推測の手段も主婦感たっぷりです。



で、その推測はあたっているのか・・・?


夕顔6


夕顔3



4.2キロでした!!

まあ、全員の答えを平均すれば、ほぼ正解ですね・・

ちなみにぴたり賞はなし、ニアピン賞が4キロ(持ってきたNさん)



ついでに身長も・・・

夕顔5


むむっ!!

身長が足りません

(幼児用のアヒルの身長計・・50センチ以下は計測不能)


メジャーで計ったら、33センチありました。


この、堂々たる体躯の実の正体は・・・


夕顔でした。




いつか近いうちに、かんぴょうに加工されるでしょう。


250px-Kampyo.jpg








夏休み明けのウォーミングアップ

残暑ざんしょ・・・・



まあ、この暑さも今週いっぱいとの予報ですから


あと一息頑張りましょ



そんなわけですから、

保育の様子をお伝えする前に

もう少し頭をほぐしておきたいと思います・・・



まずは「ひとときのいやし」を



煮干1
お鍋に放たれた煮干たちの一団


煮干2
三々五々 ペアを組み ダンスの始まり


煮干3
昆布のカーペットでひとやすみ・・・

ひと時のいやしの、いわしのダンスショー  でした ちゃんちゃん

9月になりました

毎年のことながら、夏の間はブログ更新はごぶさた・・・

毎日を生き抜くのが、せいいっぱい、って感じになっちゃうのよね。

ことに、今年の夏は酷暑の毎日・・・

子どもも大人も、無理しすぎずに健康最優先で過ごしました。




かぼちゃ2
去年のスイカに味を占めて

「2匹目のどじょう」ならぬ「スイカ」を狙ったんですが…




なーんて、更新オサボリを言い訳するトコロから、

当ブログは秋がはじまります・・・

(とにかく、夏休み中は大変なんです






「更新しないから、スポンサーサイトになってるよ!!」と

忠告してくれた友人に感謝。




今日のところは、復活宣言だけでお茶を濁します。

夏休みの様子は、徐々にアップしま~す

かぼちゃ1

今年は一緒の場所に埋めたかぼちゃのほうが実りました。

ハロウィーンまで保存しておこうかな?






プロフィール

くれよん保育室

Author:くれよん保育室
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ようこそ くれよんへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR