FC2ブログ

たのしいきょうしつ6月

6月のたのしいきょうしつは「こむぎこねんどであそぼう」でした。

梅雨の時期、おうちで楽しめることはないかな~と考え・・・
小さな子も安心して遊べるこむぎこねんどを手作りしました。
材料が食品なので、万が一口に入っても安心!

おうちにあるものだけでできるクッキーも作成^^

こむぎこねんどではなく・・・
あれ?
あれれ?

ママたちはクッキー作りに夢中!
DSCF4349.jpg

もくもくとクッキーを形にしていきます。
こんな時間もママたちには必要なんですね♪
DSCF4354.jpg

ママ~おいしいクッキー作ってね~!!
DSCF4352.jpg

恒例になりましたランチタイム。
食べながらだと話もはずみます。
DSCF4359.jpg

食べ終わるころには~
かわいいクッキーができました^^
ママ達みんなお持ち帰り。
パパへおみやげでしょうか~♪?
DSCF4361.jpg

次回「たのしいきょうしつ」ご案内
残枠わずかです。お申し込みはお早めにどうぞ。
hoikusitu@wco-kureyon.org
上記メールアドレスに
氏名・子どもの名前と生年月日・地区・電話番号・交通手段をお知らせください。
DSC_0656.jpg


南の島からやってきた・・・

梅雨の時期、じめじめうっとしいなか、
くれよんはうっとおしさを吹き飛ばすようなすてきなお客様をお迎えしました。

「小笠原村立父島保育園」から、職員の方が
なんとくれよんに研修にいらしてくださったのです。

話は2ヶ月前に行った「くれよん開所式」に遡ります。

その数日後、1通のファックスが。
「知人のフェイスブックから貴園の開所セレモニーの様子を見て
(中略)運営理念ともにとても感銘を受け、上京の折に是非とも実習をお願いできればと」

びっくり!!! 小笠原・・・ って、どこらへんだったっけ?
(すみません、地図で確認しまして、2度びっくり! 沖縄と同じくらいの緯度なんですね!) 

なんでも小笠原村の唯一の保育園である父島保育園は
近年移住者の増加に伴い、子どもの数も右肩上がりの状況とか。
一方保育園舎は老朽化が進んでいるなか、立替計画が浮上してきた中で
子ども園か?児童館併設か?学童も?
様々なニーズに応えるべく現在模索中とのこと。
そんな中、「保育室・学童・児童デイ・子育て支援事業」を一体的に運営している
くれよんのことを知り、研修の申し込みにいたったという次第のようです。

ワーカーズなどNPO関連の研修や見学の受入れはよくありますが、
公立(しかも、「東京都」です!)の、そしてそんな遠方からの申し込みは
初めての経験でした。
小笠原パンフ
(事前に送られてきたパンフレット)

とはいえ、何度か電話でやり取りをさせていただいた I さん(なんと保育園の調理主任さん)
いえ、ご本人が「ちえちゃん」と呼んで、とおっしゃっていましたので、
ちえちゃん、といいましょう。
ちえちゃんはすごく元気で、バイタリティのあふれたすてきな方と感じました。

そして、研修の約束の日が近づいたある日、ちえちゃんから
小笠原の名産品の「パッションフルーツ」がどっさり!と、
パッションフルーツ

「ハカラメ」という多肉植物の葉っぱが宅急便で送られてきました。
ハカラメ1
「ハカラメ」は名のとおり、葉っぱから芽が出て増える不思議な植物。
壁に貼っておいても、芽が出てくるそうです!
(そうそう、村長さんからの「正式な」依頼書も来ました!あたりまえだけど!)

食べ物にめっぽう弱い私達は、これでちえちゃん歓迎の気運がぐっと高まりました!

そしていよいよ、研修当日。
すでに先週のうちに上京されて各所に研修などに向かわれていたちえちゃんは
電車とバスを乗り継いで、遠く厚木の飯山までひとりでやってきてくれました。
ほんものの(?)ちえちゃんは、電話やお手紙のイメージどおりの
元気で明るい、すてきな女性でした。
ちえちゃんには予めお伝えした日程どおり、
児童デイ、学童ルーム、保育室(厨房実習含む)など
盛りだくさんに研修していただきました。

デイ散歩
デイの子たちと近くの公園へ散歩に。
島の保育園では、お散歩(園外保育)は基本しないと聞いてびっくり!!
自然豊かな環境なのに・・・もったいないなあ~


給食
散歩から帰ってきて、保育室のみんなと合流して給食タイム
くれよんの給食を研修の一環として食べていただきました。


学童お話1
学童に小笠原のお話をしていただきました
現地のガイドもなさっているというちえちゃんのお話に子どもも大人も夢中!


学童お話2
講演の後は、子どもたちからは質問攻め!
なかなか解放してもらえません!(笑)


2日目は保育室でうどん作り。
ちえちゃんは厨房に入っていただき、本領発揮で腕を振るっていただきました。
この様子は、またたぶん後日アップされるでしょう(^^)

そして、記念撮影。
昨日学童で撮影しなかったことを大きく後悔。
とりあえず、集まれるだけの大人と子どもでパチリ!
(お昼寝前なのでパジャマだったけど・・)

記念撮影

ちえちゃんは、その経歴や島での生活、保育園の話、ご自身の想いなど
どのお話をうかがっても楽しくて、パッションがあふれてくるすてきな方。
さわやかな南の風がくれよんを吹き抜けていったようでした。
そんな方とこんなつながりが出来るなんて、
不思議なご縁に感謝感謝です。

ちえちゃん、ぜったいまたきてね!!

出会いの時間



学童さんは週二回 図書室で過ごす時間があります

みんな思いおもいの本を手に ゆるりと過ごします

床にころがって読むのもあり、 みんなで一冊の本を見るのもありです  (^ω^ ≡ ^ω^)



DSCF4036.jpg


最近は 子どもたちから リクエストがでることもあるそうです

  カブトムシの本 おねがい  とか  あまんきみこ さんの本かりて~  など

 図書室の管理をしてくれている Yさんは せっせと子どもたちのリクエストにこたえてくれています

DSCF4169.jpg

この真剣な表情 は かわいくて  そして 大人のようなまなざし

DSCF4170.jpg


  

DSCF4173.jpg
 
  習字の待ち時間を利用して宿題に取り組む子どももいます (主に宿題の多い高学年)



DSCF4035.jpg

  中学年のおねえさん おにいさんは  本の世界に引き込まれているのですね  もう夢中です

DSCF4033.jpg

笑い声も絶えない くれよんの図書室  

子どものころにたくさんの本に囲まれて  手に取ることができるのは本当に幸せです

そしてたくさんの本の読み聞かせが聞けることも 心にのこる体験 

Yさんがこどもたちに読み聞かせてくださる本は  季節にあったものや 子どもの世界がひろがる本

たくさんの本と出会って  宝物みつけてね   

プロフィール

くれよん保育室

Author:くれよん保育室
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ようこそ くれよんへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR