FC2ブログ

「愛のおにぎらず」を「おにぎりアクション」に投稿しました

10月13日付の朝日新聞(首都圏版)夕刊に
「おにぎりの写真をSNSから投稿すると100円(給食5食分)が
飢えた子どもたちに寄付される」という
キャンペーンの紹介が掲載されていました。

「これだ!!」

さっそく、夏休みに給食さんが学童に出したおやつ
【おにぎらず】の写真を投稿!
(SNSからではなく、「おにぎりアクション」で検索した専用サイトからの投稿でした)
おにぎらず@おにぎりアクション2
こんな感じで投稿した写真は全世界に発信されています!
(「おにぎらず」は「おにぎり」ではないのではないか、というツッコミはおいといて)

くれよんの給食さんの愛がこもったおにぎらず
それが学童の子たちやお仕事を頑張っているお母さんたちに
元気やエールをおくっただけでなく、
その写真を投稿するだけで
世界の(アフリカやフィリピンとありましたが)貧しい子どもたちに
給食をプレゼントすることになるなんて、
なんて素敵な仕組みでしょう!

以下、「世界食料デー・ソーシャルアクションおにぎりアクション 2016」
公式サイトからの転載です。


「おにぎりを食べる」というのは、小さな一歩かもしれない。
でもその小さな行動がたくさん集まり、世界の食について考える人が増えれば、世界はちょっとだけ良くなるかもしれない。

私たちは、世界の食の不均衡と、肥満と飢餓の問題について考え、行動するきっかけを創っていきたいと考えています。
世界食料デー期間中、100万食をアフリカ・アジアに届けたい

世界の食料問題を考える日として国連が制定した日、それが毎年10月16日の「世界食料デー」。
世界の一人一人が協力しあい、「すべての人に食料を」を現実のものにし、世界に広がる栄養不良、飢餓、極度の貧困を解決していくことを目的としています。
http://www.worldfoodday-japan.net
(中略)
「おにぎりアクション2016」は、本キャンペーンの一環として開催。期間中(10月11日~11月30日)、対象商品の購入、写真の投稿が寄付に繋がり、アフリカ・アジアの子どもたちに温かい給食をプレゼントすることができます。
poster1.png


ということです!

皆さんもぜひおにぎりを作って、その写真を投稿して
子どもたちに給食をプレゼントしませんか?
関連記事

コメント

Secret

プロフィール

くれよん保育室

Author:くれよん保育室
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ようこそ くれよんへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR