FC2ブログ

こっこ隊の練習を見学してきました

親子チャリティコンサートで演奏をお願いしている

「厚木こっこ隊」の練習見学にお邪魔してきました。

「ママさんブラスバンド」の名にたがわず、

本日20数名の隊員さんのうち、半数以上の方が

赤ちゃんや1~3歳のお子さんを連れての練習でした。

みんな、慣れた感じで、敷きマットを敷いたり、おもちゃを並べたり。

子どもたちも勝手知ったるという感じで、遊びだします。

赤ちゃんをおんぶしたまま、という隊員さんも何人かいて、

練習が進むうちに、眠ってしまった赤ちゃんの頭がぐら~りと横に・・・

それでも意に介することなく練習に集中するママたち。

代表のHさんは、この日私たちとの打ち合わせがあるということで、

いつもは連れていらっしゃる下のお子さんを、保育園に預けてこられたとか。

こっこ隊2

こっこ隊3


この風景は、まさにくれよんで日々繰り広げられれている

私たちの姿そのままです。

くれよんのメンバーも、自分の子どもが小さい人は

こうして子連れで仕事に来ています。

子どもが泣いたり、ぐずったりしたら、

なだめたり、世話を焼きながらも仕事をこなします。

子どもがいるからやりたいことができない、とはいわず、

子どもがいても、自分らしくいきいきと毎日を過ごしている

こっこ隊さんの姿は、同じ子育てをする母親として

とても励まされますし、がんばってるね!って エールを送りたくなります。


「はじめからこんなふうにはできなかったですよ。

いまでも、一回も吹けずに(演奏できずに)終わることもありますから」とHさん。

「でも、私たちは、子どもたちが協力してくれるおかげで、

こんなふうに演奏活動ができるって思ってるんです。」

隊員のKさんが、誇らしげに言いました。


お母さんが演奏している最中に、その膝に上ったり楽譜をめくったり・・、

するとお母さんは楽器を横に置いて、

お子さんを抱き上げ、何か話しかけて、隣のいすに座らせると

また何事もなかったように演奏にもどる・・


今日の練習中に急に変更になった内容について

細かく指示を出す指揮者の足元を、

ぜんまいのおもちゃの自動車が走り向けていく・・・

そんな光景が普通に繰り広げられていました。

こっこ隊1


いろいろな打ち合わせをして、コンサートの内容を

さらに詰めることができたことが

今日の収穫なのですが、

「親子ブラスバンド」の飾らない活動の様子を拝見できたことが

とっても楽しかった1日でした。

こっこ隊のみなさま、どうもありがとうございました。

6月24日のコンサートの日は、

すばらしい演奏をよろしくお願いします!









関連記事

コメント

Secret

プロフィール

くれよん保育室

Author:くれよん保育室
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ようこそ くれよんへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR