FC2ブログ

すてきな本箱がやってきた!!

「4月の、オープンして少し落ち着いた頃に送るわね?」



そう予告があった通り、

電車(?トラックにもみえるけど・・・)型の

とっっってもすてきな本箱が配達されたのは、

子どもたちがお散歩に出払っていた今日の午前中のこと。


想像していたよりずっと大きくて、

子どもがぶつかりそうな面は

丁寧にラバーで覆われた、

見た目もさわり心地もこころよい本箱です。

明るい色合いと、存在感のあるたたずまいが、

保育室に置かれた瞬間から

子どもたちに愛され、お部屋のシンボルマークになることが

約束されているようでした。

電車型本箱3



案の定、お散歩から戻ってきた子どもたちは

本箱を見つけるなり

「なあに!?これ」

「どうしたの?」と、大喜び。

乗り物の形をしているので、

さっそく上に登ろうとするやんちゃ坊主も・・。

(気持ちはわかりますが・・・

すぐに下しましたよ、もちろん)

電車型本箱1

電車型本箱2




「季節外れのサンタのおばさんが贈ったのよ、って

言っておいてね」

送り主の女性は、そういって名前を出すことを

固辞されました。



この新しい保育室にはこの本箱ばかりではなく、

ほかにもたくさんの寄付やプレゼントが溢れています。

そもそも、オーナーがこの保育室を改修してくださったことが

大きな私たちへの贈り物でした。



プレゼントの第1号は、

この場所に保育室を構えると決め、

契約の話が本決まりになったころ

140㎡近くある1階保育室に敷き詰める床板を

惜しげもなく寄付してくださったMさん。

床がとてもすばらしいものだったので、

オーナーの改修工事がそれに引っ張られる格好に

多少なりとも影響したような気もします。(^^)

とにかくこの寄付の申し出は

私たちにもオーナーにも文句なしにありがたいものでした。



たくさんの作り付けの家具や、

やっぱり敷いてよかった!!と毎日思う畳、

砂場のある園庭も

たくさんの仲間たち(1度もお会いしていない方も含めて!)の

たくさんの寄付のたまものです。



「保育室のトイレには、あれをおいてほしいのよ」と、

愛らしいぞうさんの手すりをプレゼントしてくれた仲間もいます。



キッチンの大きなステンレスの作業台も

園者のまわりに植えられた木々も、

みんなオーナーのNさんが手ずから運び、植えてくださいました。




それもこれも、次世代を担うたくさんの子どもたちが

健やかにいきいきと育って行ってほしいと

願いと期待を込めての贈り物なのだと思います。

そんなたくさんの大人たちの愛に包まれて

毎日を過ごしているうちの子どもたちは

ほんとに幸せだと思います。



私たちメンバーも、このことを深く肝に銘じて

日々の保育に精進していこうと思います。















関連記事

コメント

Secret

プロフィール

くれよん保育室

Author:くれよん保育室
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ようこそ くれよんへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR